弥勒菩薩像について!!【格安・激安価格】




弥勒菩薩像はよく制作された。インドでは、水瓶を手にする像として造形されたが、中国・朝鮮半島においては、半跏思惟像として造像が行なわれた。椅坐して左足を下ろし、右足を上げて左膝上に置き、右手で頬づえを付く姿である。京都の広隆寺の弥勒菩薩像(木像)は特によく知られており、国宝に指定されている。大阪・野中寺の金銅像(重文)なども古例に属する。平安時代・鎌倉時代には、半跏像は見られなくなり、立像や坐像として表されるようになる。京都・醍醐寺の快慶作の木像などがその作例である。

弥勒如来像としては、前述の奈良の東大寺の「試みの大仏」(重文)や、当麻寺の弥勒如来塑像、興福寺北円堂の運慶作の木像(ともに国宝)などが知られる。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。