弥勒菩薩像(京都の広隆寺の弥勒菩薩像の復刻版)が安い!!【格安・激安価格】




高さ29cm足らずの小像ながら、ずっしりとした質感を持つ「弥勒如来坐像」(木造)であります。
京都の広隆寺の弥勒菩薩像の復刻版です。総高:約29cm 幅:約10.8cm 奥行:約13.8 この商品は2ヵ月後の納品となっております。




オススメブログ
⇒ 誰でも出来る!簡単!情報商材アフィリエイト
| 日記

弥勒菩薩像について!!【格安・激安価格】




弥勒菩薩像はよく制作された。インドでは、水瓶を手にする像として造形されたが、中国・朝鮮半島においては、半跏思惟像として造像が行なわれた。椅坐して左足を下ろし、右足を上げて左膝上に置き、右手で頬づえを付く姿である。京都の広隆寺の弥勒菩薩像(木像)は特によく知られており、国宝に指定されている。大阪・野中寺の金銅像(重文)なども古例に属する。平安時代・鎌倉時代には、半跏像は見られなくなり、立像や坐像として表されるようになる。京都・醍醐寺の快慶作の木像などがその作例である。

弥勒如来像としては、前述の奈良の東大寺の「試みの大仏」(重文)や、当麻寺の弥勒如来塑像、興福寺北円堂の運慶作の木像(ともに国宝)などが知られる。
| 日記

京都の広隆寺の弥勒菩薩像について!!【格安・激安価格】



慈氏、慈尊などともいい、サンスクリットではマイトレーヤです。 ブッダ(釈迦、現在仏)が入滅した56億7千万年後の未来に姿をあらわす未来仏です。
弥勒菩薩の兜率天に往生しようと願う信仰(上生信仰)が流行しました。
半跏思惟像として造像が行なわれ、椅坐して左足を下ろし、右足を上げて左膝上に置き、右手で頬づえを付く姿である、
| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。